About Chikuro Hiroike

廣池千九郎

について

​年表

教育愛に燃えた青年教師

​廣池の生家

 1866年 慶応2年  3月29日 廣池半六・りえの長男として出生。

 1880年 明治13年 母校永添小学校の代用教員となる。

 1885年 明治18年 形田小学校の教師となる。

 1888年 明治21年 『新編小学修身用書』刊行。

 1889年 明治22年  角(すみ)春子と結婚。

 1889年 明治23年  教員互助会の設立に尽力する。

Please reload

​新編小学修身用書

中津歴史

史学普及雑誌

 1891年 明治24年 『中津歴史』刊行。

 1892年 明治25年  京都に出る。『史学普及雑誌』創刊。

 1893年 明治26年 『皇室野史』刊行。

 1894年 明治27年 『平安通志』の編集を依頼される。

 1895年 明治28年  上京して『古事類苑』の編纂員となる。

Please reload

『古事類苑』の編纂と東洋法制史研究

東洋法制史本論

 1902年 明治35年 早稲田大学校外講師となる。

 1905年 明治38年 『支那文典』『東洋法制史序論』刊行。

 1907年 明治40年 神宮皇学館教授となる。

 1908年 明治41年 清国へ学術調査に行く。『伊勢神宮』刊行。

 1910年 ​明治43年 このころから労働問題の道徳的解決に尽力する。

 1912年 大正元年   大病にかかる。法学博士の学位を授与される。

 1915年 大正4年 『東洋法制史本論』『伊勢神宮と我国体』刊行。

Please reload

学位期

​新科学モラロジーの樹立と教育活動の展開

『道徳科学の論文』

道徳科学専攻塾の正門

 1928年 昭和3年 『道徳科学の論文』初版発行。

 1930年 昭和5年 「新科学モラロジー及び最高道徳の特質」をレコードに録音。

 1931年 昭和6年 大阪毎日新聞社で講演会を開催する。

 1932年 昭和7年 鈴木貫太郎侍従長に平和のための進言をする。

 1935年 昭和10年 現在の千葉県柏市に道徳科学専攻塾​を設立する。

 1937年 昭和12年 賀陽宮恒憲王に御進講を行う(以後、10回)

 1938年 昭和13年 6月4日 群馬県大穴温泉にて死去。

Please reload

〒277-8654千葉県柏市光ヶ丘2-1-1

TEL : 04-7173-3023

開館時間 : 9:00〜17:00

休館日 : 毎週月曜日(但し月曜日が祝日の場合は翌日)

Copyright© Chikuro Hiroike Memorial Center. 

All rights reserved